進行がんの治療には外科的手術、放射線療法、抗がん剤や分子標的薬による薬物療法がありますが1、全世界における進行がん死亡数は依然として高値です2。あらゆる進行がんの臨床転帰を改善する――このアンメットニーズを実現することが、新たながん免疫療法の研究目標です。

新たながん免疫療法の可能性 ―― これが私たちの研究の原動力です

新たながん免疫療法とは、患者さん自身の免疫監視機構に作用するがん治療法であり、急速に研究が進んでいます1。がんはこの免疫監視機構を回避することにより、生体内にて増殖することができるようになります。私たち小野薬品工業株式会社とブリストル・マイヤーズ スクイブでは、がんによる免疫逃避を阻害することで、患者さん自身に元来備わっている免疫監視機構を回復させる治療法の研究を行っています3,4。これらの取り組みに基づいて、本website「がん免疫.jp」では、がん免疫療法における最新エビデンスやニュースなどをお届けいたします。