宿主環境因子

宿主環境因子の多くが、免疫応答の制御に関与している可能性があります。
腫瘍微小環境以外では、喫煙、食事、紫外線への曝露、病原体、腸内微生物叢等の因子が、抗腫瘍免疫応答に影響を及ぼす可能性が示唆されています1-3

マイクロバイオーム; Microbiome(微生物叢)

特定の環境における細菌の集合体である微生物叢の変化が、免疫細胞の活性と相関している可能性があります。
微生物叢に存在する細菌種は、全ゲノムシーケンス(WGS)およびリボソームシーケンスを用いて評価することができます。

がんバイオマーカーとしての妥当性

  • 微生物叢は、特定の環境(消化管および口腔)における細菌の集合体を指します4
  • 微生物叢の破壊および変化は、がんの発生および進行に影響している可能性が示唆されています5-9
    • Faecalibacteriumは、全身を循環するT細胞数の増加と関連しています。
    • Akkermansia muciniphilaは、T細胞の機能に重要なサイトカインであるIL-12の分泌と関連しています5-9

微生物叢は、免疫療法への反応性を予測する潜在的バイオマーカーとして検討されています。

CLOSE

評価法

特定の微生物叢に存在する細菌種は、WGSおよび原核生物リボソームシーケンスによって評価することができます。個別化された医療の最適化と、患者さんのアウトカムの改善に役立つ可能性のある新たなI-Oバイオマーカーについて、包括的なアプローチによって研究が進められています。

PD-L1:I-Oバイオマーカーとしての探索

I-Oバイオマーカー研究における宿主因子の探索

免疫応答に係わる宿主環境因子について

CLOSE

REFERENCES–宿主環境因子

1. Chen DS, Mellman I. Elements of cancer immunity and the cancer-immune set point. Nature. 2017;541(7637):321-330. 2. Alexandrov LB, Nik-Zainal S, Wedge DC, et al. Signatures of mutational processes in human cancer. Nature. 2013;500(7463):415-421. 3. Sharma P, Allison JP. The future of immune checkpoint therapy. Science. 2015;348(6230):56-61. 4. National Cancer Institute. Microbiome. NCI Dictionary of Cancer Terms. www.cancer.gov/publications/dictionaries/cancer-terms/def/microbiome. Accessed May 10, 2018. 5. Zitvogel L, Galluzzi L, Viaud S, et al. Cancer and the gut microbiota: an unexpected link. Sci Transl Med. 2015. doi10.1126/scitranslmed. 3010473. 6. Routy B, Le Chatelier E, Derosa L, et al. Gut microbiome influences efficacy of PD-1–based immunotherapy against epithelial tumors. Science. 2018;359(6371):91-97. 7. Gopalakrishnan V, Spencer CN, Nezi L, et al. Gut microbiome modulates response to anti–PD-1 immunotherapy in melanoma patients. Science. 2018;359(6371):97-103. 8. Kaiser J. Gut microbes shape response to cancer immunotherapy. Science. 2017;358(6363):573. 9. Li Q, Gao Z, Wang H, et al. Intestinal immunomodulatory cells (T lymphocytes): a bridge between gut microbiota and diabetes. Mediators Inflamm. 2018. doi:10.1155/2018/9830939. 10. Ranjan R, Rani A, Metwally A, McGee HS, Perkins DL. Analysis of the microbiome: advantages of whole genome shotgun versus 16S amplicon sequencing. Biochem Biophys Res Commun. 2016;469(4):967-977. 11. Turnbaugh PJ, Ley RE, Hamady M, Fraser-Liggett C, Knight R, Gordon JI. The human microbiome project. Nature. 2007;449(7164):804-810.