I-O Biomarkers

I-Oバイオマーカー研究領域をクリック
  • がん抗原
  • 免疫抑制マーカー
  • 炎症性腫瘍(hot tumor)マーカー
  • 宿主環境因子

詳しく見る

細胞を選んでください

I-Oバイオマーカーは、従来のドライバー遺伝子の変異に対するバイオマーカーとは異なります。
腫瘍、免疫状態、宿主の環境因子、またはそれらの組み合わせが研究されています。
I-Oバイオマーカー研究の目標は、がん治療を個別化することです。
つまり、患者さんごとに、適切な治療法を、適切な時期に施せるようにすることです。

がん抗原

がん抗原は、宿主免疫系により非自己または外来抗原として認識されます1。そして、免疫系が刺激されることで、獲得免疫応答が開始されます1,2。がん抗原に関連した、複数のバイオマーカーが現在研究段階にあります。

免疫抑制マーカー

腫瘍やその微小環境内の細胞およびタンパク質により、T細胞の活性化が抑制され、T細胞の疲弊が進行し、さらには制御性T細胞(Treg)が活性化されます5,6。抗腫瘍免疫応答の阻害に関連する因子が、がん免疫(I-O)バイオマーカーの探索研究から候補因子として同定されています。

炎症性腫瘍(hot tumor)マーカー

炎症性腫瘍は、腫瘍微小環境への免疫細胞の浸潤と活性化を示します3,4。微小環境を反映する複数のがん免疫(I-O)バイオマーカーが存在します。

宿主環境因子

宿主環境因子の多くが、免疫応答の制御に関与している可能性があります。腫瘍微小環境以外では、喫煙、食事、紫外線への曝露、病原体、腸内微生物叢等の因子が、抗腫瘍免疫応答に影響を及ぼす可能性が示唆されています7-9

詳しく知りたいI-Oバイオマーカーの
項目をクリックしてください。

がん抗原

免疫抑制マーカー

炎症性腫瘍(hot tumor)マーカー

宿主環境因子

I-Oバイオマーカー:がん免疫におけるバイオマーカーの探索

I-Oバイオマーカー:免疫療法への応用に関する研究

I-Oバイオマーカー研究の重点領域について

REFERENCES–I-O Biomarkers

1. Schumacher TN, Schreiber RD. Neoantigens in cancer immunotherapy. Science. 2015;348(6230):69-74. 2. Eggermont LJ, Paulis LE, Tel J, Figdor CG. Towards efficient cancer immunotherapy: advances in developing artificial antigen-presenting cells. Trends Biotechnol. 2014;32(9):456-465. 3. Masucci GV, Cesano A, Hawtin R, et al. Validation of biomarkers to predict response to immunotherapy in cancer: Volume 1 – pre-analytical and analytical validation. J Immunother Cancer.2016;4:76. 4. Hedge PS, Karanikas V, Evers S. The where, the when, and the how of immune monitoring for cancer immunotherapies in the era of checkpoint inhibition. Clin Cancer Res. 2016;22(8):1865-1874. 5. Lindau D, Gielen P, Kroesen M, Wesseling P, Adema GJ. The immunosuppressive tumour network: myeloid-derived suppressor cells, regulatory T cells and natural killer T cells. Immunology. 2013;138(2):105-115. 6. Matsuzaki J, Gnjatic S, Mhawech-Fauceglia P, et al. Tumor-infiltrating NY-ESO-1–specific CD8+ T cells are negatively regulated by LAG-3 and PD-1 in human ovarian cancer. Proc Natl Acad Sci U S A. 2010;107(17):7875-7880. 7. Chen DS, Mellman I. Elements of cancer immunity and the cancer-immune set point. Nature. 2017;541(7637):321-330. 8. Alexandrov LB, Nik-Zainal S, Wedge DC, et al. Signatures of mutational processes in human cancer. Nature. 2013;500(7463):415-421. 9. Sharma P, Allison JP. The future of immune checkpoint therapy. Science. 2015;348(6230):56-61.