文字サイズ変更

本ページは、ヤーボイを処方されている方を対象に、適切な治療を受けていただくことを目的としています。

ヤーボイの治療患者さんへ

Chapter 3 ヤーボイの副作用

ヤーボイの特に注意すべき副作用

ヤーボイによる治療において、特に注意が必要な副作用は、炎症性の副作用、薬剤の注入に伴う反応などです。

炎症性の副作用とは

ヤーボイはがん細胞を攻撃するT細胞の働きを維持するお薬ですが、T細胞が過剰に働くと炎症性の副作用が起きることがあります。消化管、肝臓、皮膚、神経系、内分泌系などの器官に副作用が起きた場合、以下の症状が現れます。

消化管障害 下痢、腹痛などの症状が現れます
肝障害 血液中の肝酵素が基準値より高くなります
皮膚障害 発疹がある、赤くなる、かゆみなどの症状が現れます
神経障害 手足のしびれ、脱力などの症状が現れます
内分泌障害 頭痛、目の異常などの症状が現れます
腎障害 血液中のクレアチニンが基準値より高くなります
間質性肺疾患かんしつせいはいしっかん 息切れ、呼吸困難、空咳などの症状が現れます

これらの症状に気付いたら、自分で対処しようとせず、すぐに医師、看護師、薬剤師に連絡してください。炎症性の副作用に対して、副腎皮質ホルモン(ステロイド)投与やホルモン補充療法を行います。

薬物の注入に伴う反応

ヤーボイの投与中または投与後24時間以内に発熱、悪寒、ふるえ、かゆみ、発疹、高血圧や低血圧(めまい、ふらつき、頭痛)、呼吸困難などが現れることがあります。

これらの副作用が出たらヤーボイを中止(または休薬)して回復を図ります。早期発見が大切ですので、症状に気付いたら、すぐに医師、看護師、薬剤師に知らせましょう。

監修:地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター
爲政 大幾 先生