文字サイズ変更

「がん免疫.jp」は、がんと向き合う方やそのご家族の方を含む、がん免疫について詳しく知りたい方を対象としています。

腎細胞がん

Chapter 1 腎細胞がんとは

腎細胞がんの種類

腎細胞がんは、細胞の形や、その集まり方などによって、いくつかの組織型に分けられます。
最も多くみられるのは「淡明細胞型腎細胞がん」で、腎細胞がんの約70~85%を占めます。これらの組織型は混在することもありますが、最も優勢な組織型をもって分類されます。

組織型の種類 特 徴
淡明細胞型腎細胞がん 腎細胞がんの中で最も多い組織型です。ときにがんが腎静脈内に進展することがあります。
多房嚢胞性腎細胞がん 多数の小嚢胞が集まって腫瘤をつくっているがんです。予後は極めて良好です。
乳頭状腎細胞がん がん細胞が、乳頭状の構造をとって並んでいるのが特徴で、約10~15%を占めています。タイプ1とタイプ2に分類され、タイプ1の方がタイプ2より予後が良好です。
嫌色素性腎細胞がん 腎がんの約5%を占めていて、予後は比較的良好とされています。
紡錘細胞がん
(肉腫様がん)
通常、他の腎細胞がんに合併します。頻度は非常に少なく、最も予後不良とされています。
集合管がん
(ベリニ管がん)
頻度は1%未満と少ないものの、異型度が高く予後不良とされています。
  • 異型度:ある細胞の形が正常な細胞とどのくらい異なっているかを示す度合いのこと

インフォームドコンセントのための図説シリーズ 腎がん 改訂版, p14-20, 医薬ジャーナル社, 2011
腎癌のすべて 基礎から実地診療まで 改訂第2 版, p9, 60-66, メジカルビュー社, 2014