文字サイズ変更

「がん免疫.jp」は、がんと向き合う方やそのご家族の方を含む、がん免疫について詳しく知りたい方を対象としています。

腎細胞がん

Chapter 1 腎細胞がんとは

腎細胞がんの患者数

腎細胞がんを発症している人の割合(罹患率)は年々増加しており、1997年から2002年で約16%増加しています。
この増加は、健診や他の疾患で受けた検査の精度が向上したことが大きな要因と考えられています。また、透析患者さんが増加したことや、人口の高齢化、ライフスタイルや環境の変化なども要因として挙げられています。
男女比は2.7対1と男性の方が多く発症します。年齢別の罹患率は70歳代前半が最も多く、50代~60代の働き盛りの世代から増加していきます。

※透析患者さんの腎細胞がんの年間発症率は、一般の患者さんに比べて約15倍高いことが報告されています1)

腎癌研究会による2002年集計
新たに診断された腎細胞がん患者さん:7,405人(男性5,063人、女性2,342人)
粗罹患率(人口10万人あたり):男性8.2、女性3.7

1)日本透析医学雑誌. 2005;38:1689-1700
インフォームドコンセントのための図説シリーズ 腎がん 改訂版, p30-34, 医薬ジャーナル社, 2011