文字サイズ変更

本ページは、オプジーボを処方されている方を対象に、適切な治療を受けていただくことを目的としています。

オプジーボの治療患者さんへ

Chapter 1 オプジーボとは

オプジーボってどんな薬?

がん細胞は免疫機能の働きにブレーキをかける

免疫機能が正常に働いている状態では、私たちの体はがん細胞を「自分ではないもの」と判定し、T細胞という免疫細胞が主役となって、がん細胞を攻撃します。

しかし、がん細胞は免疫機能による攻撃を受けないように、PD-L1という物質を作り出します。このPD-L1という物質が、がん細胞を攻撃するT細胞のPD-1受容体と結合すると、「がん細胞への攻撃を止めろ!」という信号が発信されます。こうして免疫機能にブレーキがかかり、T細胞はがん細胞への攻撃ができなくなってしまうことがわかりました。

オプジーボの作用

オプジーボは、抗PD-1抗体と呼ばれるお薬です。オプジーボはT細胞のPD-1に結合して、がん細胞から作り出されたPD-L1との結合を阻止することにより、免疫機能にブレーキがかからないようにして、T細胞のがん細胞を攻撃する力を高めます。

監修:独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
爲政 大幾 先生