文字サイズ変更

本ページは、オプジーボを処方されている方を対象に、適切な治療を受けていただくことを目的としています。

オプジーボの治療患者さんへ

Chapter 1 オプジーボとは

がん免疫療法とは?

がん治療の新たな柱

これまでのがん治療は、手術、放射線療法、化学療法が3本柱とされてきました。そして、近年になって研究が進み、がん治療の4本目の柱となったのが、がん免疫療法です。

免疫療法とは?

化学療法や放射線療法は、がん細胞を攻撃する際に、がん細胞だけでなく正常な細胞も攻撃するため、副作用が強く出ることがあります。一方、免疫療法は、直接がん細胞を攻撃するものだけではありません。

体の外から病原菌やウイルスが入ってきたり、がん細胞ができたりすると、私たちの体の中でそれらを排除するためのさまざまなしくみが動きだします。この一連のしくみが「免疫」と呼ばれるものです。この免疫のしくみ(免疫機能)を利用した治療を免疫療法と呼びます。インターフェロンも免疫に作用する物質のひとつです。患者さん自身のがんを攻撃する機能(免疫機能)を高める薬剤として、2014年7月に承認認可された薬剤が抗PD-1抗体:オプジーボです。

監修:独立行政法人 国立病院機構 大阪医療センター
爲政 大幾 先生