文字サイズ変更

「がん免疫.jp」は、がんと向き合う方やそのご家族の方を含む、がん免疫について詳しく知りたい方を対象としています。

閉じる

悪性胸膜中皮腫

Chapter 3

悪性胸膜中皮腫の治療

悪性胸膜中皮腫の治療方針

治療方針は何をもとに決められますか?

病期に加え、患者さんの年齢や体力、全身状態、患者さんの希望を踏まえて治療方針が決められます。

悪性胸膜中皮腫の治療法を選択する場合は、がんの広がり(病期)や組織型に加え、患者さんの全身状態や体力、治療の影響などを考慮し、患者さんの希望も伺ったうえで治療方針が立てられます。
悪性胸膜中皮腫の主な治療法は、「手術」「放射線療法」「薬物療法」の3つです。さらに、痛みなど、がんによる症状を抑える「緩和療法(ケア)」もあわせて行われます。
実際にどのような治療を行うかは、患者さんの全身状態や治療の影響などを十分考慮し、個々の患者さんの状態に応じて決められます。

インフォームドコンセントのための図説シリーズ 肺がん 改訂5版, p43-44, 医薬ジャーナル社, 2017
国立がん研究センター がん情報サービス「中皮腫」

多くの場合は、薬物療法と緩和療法による治療が中心となります。

病期別では、Ⅰ期からⅢ期のうち、手術でがんを取りきれると判断された場合は、手術を中心に、抗がん剤による化学療法や放射線療法を組み合わせた「集学的治療」が検討されます。ただし、実際は、Ⅰ期で見つかった場合でも、患者さんの全身状態などから、手術の対象とならない場合が少なくありません。
手術が難しい方やがんが広がっている方に対しては、薬物療法が中心となります。同時に、緩和療法(ケア)も並行して行われます。
病期ごとのおおまかな治療法を下図に示しました。患者さんによって異なることがありますので、詳しくは担当医に確認してください。

日本肺癌学会編: EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 2016年版, p255-273, 金原出版, 2016
国立がん研究センター がん情報サービス「中皮腫」

手術について

どのような手術がありますか?

片側の胸膜と肺をまとめて切除する「胸膜肺全摘術(きょうまくはいぜんてきじゅつ)(EPP)」と、片側の胸膜のみを切除する「胸膜切除(きょうまくせつじょ)・肺剥皮術(はいはくひじゅつ)(P/D)」があります。

「胸膜肺全摘術(EPP)」は、がんがある片側の胸膜と肺とをまとめて切除する方法です。切除する範囲が広く根治性はやや高いものの、身体への負担が非常に大きく、術後の合併症も比較的多い手術です。
一方、「胸膜切除・肺剥皮術(P/D)」は、片側の胸膜を切除し、肺は残す方法です。こちらは、再発リスクはやや高まりますが、肺が温存されるため生活の質が維持しやすく、胸膜肺全摘術に比べて合併症の発症率も低い手術法です。
患者さんの状態や術後の影響などを十分考慮したうえで、より適した手術法が選択されます。
なお、治療効果を高めるため、患者さんの状態に応じて、手術の前後に化学療法や放射線療法を組み合わせる「集学的治療」が行われます。

  • 再発することなく完全に治ること

日本肺癌学会編:EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 2016年版, p255-258, 金原出版, 2016
国立がん研究センター がん情報サービス「中皮腫」

胸膜中皮腫診療ハンドブック, p132-135, 中外医学社, 2007
インフォームドコンセントのための図説シリーズ肺がん 改訂5版, p44, 医薬ジャーナル社, 2017 より改変

放射線療法について

放射線療法は、どのような治療ですか?

高エネルギーのX線などを使ってがん細胞を死滅させたり、増殖を抑える治療法です。胸膜肺全摘術(EPP)を受けた方で全身状態が良好な患者さんに検討されます。

悪性胸膜中皮腫の放射線療法は、手術後に残っているがん細胞を消失させることを目的とした補助療法として行われます。
対象は、「胸膜肺全摘術(EPP)」を受けた方のうち、術後の全身状態が良好な場合とされています。
高エネルギーのX 線を、がんが残っている可能性がある範囲に照射します。1回の照射にかかる時間は数分程度で、痛みはありません。
通常、放射線療法は、決められた治療計画にしたがって一定期間続けて治療を受けることが原則です。しかし、患者さんの術後の状態や副作用の程度によっては、照射量を減らしたり治療期間を短縮することもあります。
治療スケジュールなど詳しいことは、担当の放射線医によく確認されるとよいでしょう。

日本肺癌学会編:EBMの手法による肺癌診療ガイドライン 2016年版, p263-265, 金原出版, 2016
国立がん研究センター がん情報サービス「放射線療法総論」

国立がん研究センター がん情報サービス「放射線療法を受ける方へ/中皮腫」