文字サイズ変更

「がん免疫.jp」は、がんと向き合う方やそのご家族の方を含む、がん免疫について詳しく知りたい方を対象としています。

がん免疫を知る

Step 4 がん治療の相談

がん治療について相談するには

医師への相談

がんの治療には、「手術」「放射線療法」「薬物療法」「がん免疫療法」と多くの治療法があります。あなたのがんの標準治療はどんな治療か、あなたにどのような治療選択肢があるのか、医師とじっくり話し合いましょう。より良い治療をすすめていくためには、医師としっかりコミュニケーションをとることが大切です。

医師に相談する際に気をつけること

治療の内容に不安があったり、わからないことがあれば、遠慮せずに質問しましょう。あなたの状況や気持ち、希望などを医師に伝えておくことも大切です。
もし、特定の治療法について知りたいことがあれば、はっきり伝えましょう。医師は、あなたのがんの種類や状態を考慮したうえで、適切な治療を提案し、その理由を説明してくれるでしょう。

セカンドオピニオンとは

主治医とは別の医師に、診断や治療法についての意見を聞くことをセカンドオピニオンといいます。セカンドオピニオンの目的は、患者さんが診断や治療法に納得して、治療に前向きに取り組めるようにすることです。
セカンドオピニオンを聞きたい時は、主治医にその旨を伝え、検査データや紹介状を作ってもらいましょう。セカンドオピニオンは最近では広く行われるようになっています。主治医が気を悪くするのではと心配せず、相談してみましょう。

がん相談支援センターとは

がんに関する相談が可能な機関のひとつに「がん相談支援センター」があります。「がん相談支援センター」とは、全国の「がん診療連携拠点病院」などに設置されており、誰でも無料で利用できる、がんに関する相談窓口です。
「がん相談支援センター」では、がんに関する治療や療養生活などのあらゆることについて相談できます。具体的な治療の判断を行うことはできませんが、あなたのがんに対する標準治療について、「手術」「放射線療法」「薬物療法」「がん免疫療法」のうち、通常どの治療法が行われているかを確認することは可能です。
相談方法としては、面談・電話・電子メールで対応してもらうことができます。

「がん相談支援センター」について知りたい場合はこちら
(国立がん研究センター がん対策情報センター「がん情報サービス」内「がん相談支援センターを探す」)