文字サイズ変更

「がん免疫.jp」は、がんと向き合う方やそのご家族の方を含む、がん免疫について詳しく知りたい方を対象としています。

ホジキンリンパ腫

Chapter 1 ホジキンリンパ腫とは

リンパ節の構造と働き

ヒトには、感染や異物から体を守る免疫システムが備わっています。免疫システムを構成するリンパ組織は、全身に張り巡らされているリンパ管とリンパ節、血液やリンパ液を流れるリンパ球、胸腺や脾臓(ひぞう)、扁桃(へんとう)などによって構成されています。この免疫システムのうち、異物が体内に侵入するのを防ぐ「関所」となっているのがリンパ節です。

  • リンパ節は、リンパ管をつなぐ通常は2~3ミリ程度の豆のような形をした小さな器官で、全身に300~600個配置されています。
  • リンパ節は、リンパ液に入り込んだ細菌やウイルス、がん細胞などの異物をせき止めて排除し、外敵から体を守る働きがあります。
  • 細菌やウイルスに対する反応でも10~20ミリ程度腫れて大きくなることがあります。

血液のがん 悪性リンパ腫・白血病・多発性骨髄腫, p14-15, 講談社, 2015
病気がみえる vol.5 血液 第1版, p51, メディックメディア, 2012

監修:国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 血液内科部長
伊豆津 宏二 先生