1. ホーム
  2. 図解で学ぶI-O
  3. 自然免疫と獲得免疫

図解で学ぶI-O

自然免疫と獲得免疫

ヒトの免疫は、マクロファージ等の貪食細胞が中心となる自然免疫と、リンパ球が中心となる獲得免疫に大別されます。自然免疫は抗原非特異的に初期応答を示します。一方、獲得免疫は記憶能力を有し、外来抗原や病原体に特異的に反応し、指数関数的に増殖して強力な作用を示します。また、自然免疫で処理しきれない異物に対しては樹状細胞が獲得免疫への橋渡し役を果たしています。樹状細胞はがん細胞を取り込み、T細胞に抗原提示し、共刺激分子やサイトカインの発現を変化させ、T細胞を活性化させます。

自然免疫と獲得免疫 自然免疫と獲得免疫

がん細胞に対しては、まずマクロファージ、好中球などの貪食細胞や樹状細胞が初期応答します(自然免疫)。また、樹状細胞はがん細胞を取り込み、リンパ節へ遊走します。ヘルパーT細胞(CD4陽性T細胞)に抗原提示してサイトカインを放出し、キラーT細胞(CD8陽性T細胞)やB細胞を活性化させ、がん細胞を攻撃します(獲得免疫)。

監修:慶應義塾大学医学部 先端医科学研究所 細胞情報研究部門 教授 河上 裕 氏

がん免疫.jp 一般・患者さん向け

がん免疫.jp 一般・患者さん向け