がん免疫療法

SLAMF7経路SLAMF7は自然免疫および獲得免疫を活性化する可能性がある

SLAMF7はNK細胞を通じて自然免疫を動員する

SLAMF7(Signaling Lymphocytic Activation Molecule Family member 7)は、活性化受容体の1つであり、ほぼすべてのナチュラルキラー(NK)細胞およびその他の免疫細胞サブセットの表面に発現します1。SLAMF7は固形組織や造血幹細胞には発現しません2。SLAMF7の関与は、免疫系の迅速な反応因子であり、がんに対する体の第一線の防御であるNK細胞を活性化します3,4。NK細胞は標的細胞を直接殺傷しますが、正常細胞には影響を与えません5

NK細胞が開始した免疫応答をT細胞が維持

SLAMF7のような経路を通じたNK細胞の継続的活性化は、長期にわたり免疫応答を維持する可能性があります6,7

1.SLAMF7がNK細胞を活性化 2.活性化したNK細胞ががん細胞を殺傷 3.腫瘍死細胞が腫瘍関連抗原を放出 4.腫瘍関連抗原が細胞傷害性T細胞を活性化 5.細胞傷害性T細胞の活性化がT細胞の記憶を誘発 1.SLAMF7がNK細胞を活性化 2.活性化したNK細胞ががん細胞を殺傷 3.腫瘍死細胞が腫瘍関連抗原を放出 4.腫瘍関連抗原が細胞傷害性T細胞を活性化 5.細胞傷害性T細胞の活性化がT細胞の記憶を誘発

SLAMF7を介したNK細胞の活性化がどのように長期にわたる免疫応答に影響を与えるかを検討するための研究が進められています。

References:

  1. Bouchon A, Cella M, Grierson HL, Cohen JI, Colonna M. Cutting Edge: Activation of NK Cell-Mediated Cytotoxicity by a SAP-Independent Receptor of the CD2 Family. J Immunol. 2001;167(10):5517-5521.
  2. Hsi E, Steinle R, Balasa B. CS1, a Potential New Therapeutic Antibody Target for the Treatment of Multiple Myeloma. Clin Cancer Res. 2008;14:2775-2784.
  3. Cheng M, Chen Y, Xiao W, Sun R, Tian Z. NK cell-based immunotherapy for malignant diseases. Cell Molec Immunol. 2013;10:230-252.
  4. Cruz-Munoz ME, Dong Z, Shi X, Zhang S, Veillette A. Influence of CRACC, a SLAM family receptor coupled to the adaptor EAT-2, on natural killer cell function. Nat Immunol. 2009;10(3):297-305.
  5. Frohn C, Hoppner M, Schlenke P, Kirchner H, Koritke P. Anti-myeloma activity of natural killer lymphocytes. Br J Haematol. 2002;119(3):660-664.
  6. Liu C, Lou Y, Lizée G, et al. Plasmacytoid dendritic cells induce NK cell dependent, tumor antigen-specific T cell cross-priming and tumor regression in mice. J Clin Invest. 2008;118(3):1165-1175.
  7. Mocikat R, Braumüller H, Gumy A, et al. Natural Killer Cells Activated by MHC Class ILow Targets Prime Dendritic Cells to Induce Protective CD8 T Cell Responses. Immunity. 2003;19(4):561-569.

オプジーボ 詳しくはこちら

オプジーボ 詳しくはこちら

ヤーボイ 詳しくはこちら

ヤーボイ 詳しくはこちら

がん免疫.jp 一般・患者さん向け

がん免疫.jp 一般・患者さん向け