1. ホーム
  2. がん免疫療法
  3. がん免疫療法の経路

がん免疫療法

がん免疫療法の経路免疫系にがんと闘う力を与える

がん免疫研究は、身体が本来もつがんと闘う力の回復を探求

NK細胞の機構
活性化 阻害
SLAMF7 KIR
エフェクターT細胞の機構
活性化 阻害
CD137* CTLA-4
GITR* PD-1
OX40* LAG-3
非エフェクター細胞の機構
阻害
CD73 CTLA-4
CSF1R IDO

* 経路は主な機構ごとに記載。二次的機構が存在する可能性があります。

免疫系は免疫監視機構により、がん細胞を認識、排除します1,2。がんは様々なメカニズムを利用して監視から逃れ、複雑なネットワークの中で増殖することができます3,4
現在、これらの経路はがん治療研究の対象となっています。

様々なシグナル伝達経路について、詳しく見る

References:

  1. Leung J, Suh WK. The CD28-B7 Family in Anti-Tumor Immunity: Emerging Concepts in Cancer Immunotherapy. Immune Netw. 2014;14(6):265-276.
  2. Long EO, Kim HK, Liu D, Peterson ME, Rajagopalan S. Controlling Natural Killer Cell Responses: Integration of Signals for Activation and Inhibition. Ann Rev Immunol. 2013;31:227-258.
  3. Melero I, Berman DM, Aznar MA, Korman AJ, Gracia JLP, Haanen J. Evolving synergistic combinations of targeted immunotherapies to combat cancer. Nat Rev Cancer. 2014;15(8):457-472.
  4. Smyth MJ, Ngiow SF, Ribas A, Teng MWL. Combination cancer immunotherapies tailored to the tumour microenvironment. Nat Rev Clin Oncol. 2016;13(3):143-158.