1. ホーム
  2. がん免疫療法
  3. 免疫系とがん

がん免疫療法

免疫系とがん

免疫によるがんとの闘い

免疫は、外部から生体内に侵入してきた細菌や毒素をはじめ、がんなどの生体内に発現した疾患から身体を防御・保護するなど複数のメカニズムから構成されています 1,2。免疫は「自然免疫」と「獲得免疫」の2段階において、がんなどの異常細胞を認識して排除する重要な役割を担っています 1,3-6

  • 自然免疫 「第1段階の免疫防御」とされ、タンパク質や細胞(例:ナチュラルキラ-細胞)が関与しています。
  • 獲得免疫 初めて接触した抗原を記憶して、2回目以降には迅速に攻撃する「第2段階の免疫防御」です(例:抗原提示を介したT細胞やB細胞の活性化)。

References:

  1. Janeway CA, et al. Immunobiology: The Immune System in Health and Disease. 6th ed. New York, NY: Garland Science; 2004.
  2. Pardoll DM. The blockade of immune checkpoints in cancer immunotherapy. Nat Rev Cancer. 2012;11:252-264.
  3. Padmanabhan RR, Paul RD, Watson GA, Lopez DM. Emergence of a B lymphocyte population with ADCC effector function in mammary tumor bearing mice. J Leuk Biol. 1988;43:509-519.
  4. Kim R, Emi M, Tanabe K. Cancer immunoediting from immune surveillance to immune escape. Immunology. 2007;121:1-14.
  5. Vivier E, Raulet DH, Moretta A, et al. Innate or adaptive immunity? The example of natural killer cells. Science. 2011;331:44-49.
  6. Dunn GP, Bruce AT, Ikeda H, Old LJ, Schreiber RD. Cancer immunoediting: from immuno-surveillance to tumor escape. Nat Immunol. 2002;3:991-998.