1. ホーム
  2. がん免疫療法
  3. 免疫応答と時間

がん免疫療法

免疫応答と時間

がんに対する免疫応答は、時間とともに進み、持続することが可能

腫瘍抗原を絶えず認識、記憶することにより、免疫応答は時間とともに進み、拡大します。伝播し持続するこの能力は、免疫応答の本来もつ性質を示唆しています1

免疫活性化の効果は静的なものではなく、時間とともに変化しながら進みます2。がん細胞の細胞死により放出された新たな抗原が、新たな腫瘍抗原特異的T細胞の放出を促し、がん細胞を排除するために継続的に動員されることで、このサイクルを刺激します1-4。こうしたサイクルが繰り返されるにつれて、時間とともに抗腫瘍免疫応答は拡大し続けます2

がんに対する免疫応答は、時間とともに進み、持続することが可能

免疫応答が拡大し続けるにつれて、一部の細胞傷害性T細胞は成熟してメモリーT細胞になります。こうしたメモリーT細胞はもとの刺激がなくなっても、長期にわたる免疫応答を維持する可能性があります5,6

References:

  1. Chen DS, Mellman I. Oncology Meets Immunology: The Cancer-Immunity Cycle. Immunity. 2013;39:1-10.
  2. Markiewicz MA, Fallarino F, Ashikari A, Gajewski TF. Epitope spreading upon P815 tumor rejection triggered by vaccination with the single class I MHC-restricted peptide P1A. Int Immunol. 2001;13(5):625-632.
  3. el-Shami K, Tirosh B, Bar-Haîm E, et al. MHC class I-restricted epitope spreading in the context of tumor rejection following vaccination with a single immunodominant CTL epitope. Eur J Immunol. 1999;29(10):3295-3301.
  4. Moon JJ, Chu HH, Pepper M, et al. Naive CD4+ T Cell Frequency Varies for Different Epitopes and Predicts Repertoire Diversity and Response Magnitude. Immunity. 2007;27:203-213.
  5. Kaech SM, Wherry EJ, Ahmed R, et al. Effector and Memory T-Cell Differentiation: Implications for Vaccine Development. Nat Rev Immunol. 2002;2:251-262.
  6. Lau LL, Jamieson BD, Somasundaram T, Ahmed R. Cytotoxic T-cell memory without antigen. Nature. 1994;369(6482):648-652.

オプジーボ 詳しくはこちら

オプジーボ 詳しくはこちら

ヤーボイ 詳しくはこちら

ヤーボイ 詳しくはこちら

がん免疫.jp 一般・患者さん向け

がん免疫.jp 一般・患者さん向け