1. ホーム
  2. がん免疫療法
  3. 免疫バイオマーカーとがん免疫研究

がん免疫療法

免疫バイオマーカーとがん免疫研究

免疫バイオマーカーは免疫作用の指標

免疫細胞とがん細胞の相互作用が腫瘍微小環境を形成しています1。免疫系はがん細胞を認識・排除しようとするのに対し、がん細胞は免疫応答を逃れて増殖し続けようとします。
免疫バイオマーカーの分野は、この免疫系とがん細胞の間の継続的な相互作用を明らかにすることを目指しています2。こうした個々の要素の間の相互作用が、免疫の活性化と抑制のバランスを決定します3,4

免疫バイオマーカーは免疫作用の指標 免疫バイオマーカーは免疫作用の指標

免疫バイオマーカーはユニークで新しいバイオマーカーのサブセット

免疫バイオマーカーは腫瘍微小環境内の活動を評価する尺度であり、従来からある遺伝子突然変異バイオマーカーとは異なります。

遺伝子突然変異バイオマーカーの表現パターンは「有り」か「無し」の2つに1つです5,6。BRAFおよびEGFRは遺伝子突然変異バイオマーカーの例です7-9

対照的に、免疫応答の要素や調節因子である免疫バイオマーカーには、細胞表面タンパク質、分泌タンパク質またはペプチド、腫瘍浸潤免疫細胞などがあります2。PD-L1は、今日までに最も広く研究されている免疫バイオマーカーです10

免疫バイオマーカーとしての利用を評価するために調査中のPD-L1の発現に固有の特徴がいくつかあります。

  • PD-L1はどのような発現率も示す可能性があります。つまり、1つのがん検体においてPD-L1発現率は0%~100%を示す可能性があります10
  • PD-L1の発現は腫瘍の種類や組織構造により大きく異なる可能性があります11-14。また、治療ラインや細胞の種類によっても変化します10,15,16。たとえば、PD-L1はがん細胞および免疫細胞上にみることができます15。非小細胞肺がんにおける最新知見によれば、免疫細胞に比べてがん細胞上のPD-L1発現は、より正確なバイオマーカーであることを示唆しています10

複数の免疫バイオマーカーは、実際の腫瘍微小環境を表す可能性がある

これらの特徴は、免疫バイオマーカーを用いて評価しようとしている免疫応答と同様に、流動的で重複していることを示唆しています。数多くの要素が同時に腫瘍微小環境に関与しています4。したがって、PD-L1をはじめとするどれか1つの免疫バイオマーカーの有無が、免疫状態を完全に反映するものではありません9。複数の免疫バイオマーカーを組み合わせて評価することで、より正確で包括的な評価が提供される可能性があります。

References:

  1. Balkwill FR, Capasso M, Hagemann T. The tumor microenvironment at a glance. J Cell Sci. 2012;125(Pt 23):5591-5596.
  2. Yuan J, Hegde PS, Clynes R, et al. Novel technologies and emerging biomarkers for personalized cancer immunotherapy. J ImmunoTher Cancer. 2016;4:3. doi:10.1186/s40425-016-0107-3.
  3. Gkretsi V, Stylianou A, Papageorgis P, Polydorou C, Stylianopoulos T. Remodeling components of the tumor microenvironment to enhance cancer therapy. Front Oncol. 2015;5:214. doi:10.3389/fonc.2015.00214.
  4. Nelson D, Fisher S, Robinson B. The ‘‘Trojan Horse’’ Approach to Tumor Immunotherapy: Targeting the Tumor Microenvironment. J Immunol Res. 2014; 2014:789069.doi: 10.1155/2014/789069.
  5. Merid SK, Goranskaya D, Alexeyenko A. Distinguishing between driver and passenger mutations in individual cancer genomes by network enrichment analysis. BMC Bioinformatics. 2014;15:308.
  6. Van Allen EM, Wagle N, Levy MA. Clinical Analysis and Interpretation of Cancer Genome Data. J Clin Oncol. 2013;31(15):1825-1833.
  7. Davies H, Bignell GR, Cox C, et al. Mutations of the BRAF gene in human cancer. Nature. 2002;417(6892):949-954.
  8. Mok TS. Personalized medicine in lung cancer: what we need to know. Nat Rev Clin Oncol. 2011;8(11):661-668.
  9. Sharma P, Allison JP. The future of immune checkpoint therapy. Science. 2015;348(6230):56-64.
  10. err KM, Tsao MS, Nicholson AG, Yatabe Y, Wistuba II, Hirsch Fr. Programmed Death-Ligand 1 Immunohistochemistry in Lung Cancer In what state is this art?. J Thorac Oncol. 2015;10(7):985-989.
  11. Brown JA, Dorfman DM, Ma FR, et al. Blockade of Programmed Death-1 Ligands on Dendritic Cells Enhances T Cell Activation and Cytokine Production. J Immunol. 2003;170(3):1257-1266.
  12. Callea M, Albiges L, Gupta M, et al. Differential expression of PD-L1 between primary and metastatic sites in clear cell Renal Cell Carcinoma. Cancer Immunol Res. 2014;3(10):1158-1164.
  13. Calles A, Liao X, Sholl LM, et al. Expression of PD-1 and Its Ligands, PD-L1 and PD-L2, in Smokers and Never Smokers with KRAS-Mutant Lung Cancer. J Thorac Oncol. 2015;10(12):1726-1735.
  14. Dong H, Strome SE, Salomao DR, et al. Tumor-associated B7-H1 promotes T-cell apoptosis: A potential mechanism of immune evasion. Nat Med. 2002;8(8):793-800.
  15. Gatalica Z, Snyder C, Maney T, et al. Programmed Cell Death 1 (PD-1) and Its Ligand (PD-L1) in Common Cancers and Their Correlation with Molecular Cancer Type. Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. 2014;23(12):2965-2970.
  16. Sharpe K, Stewart GD, Mackay A, et al. The Effect of VEGF-Targeted Therapy on Biomarker Expression in Sequential Tissue from Patients with Metastatic Clear Cell Renal Cancer. Clin Cancer Res. 2013;19(24):6924-6934.

がん免疫.jp 一般・患者さん向け

がん免疫.jp 一般・患者さん向け